パイナップル豆乳ローションの効果的な使い方

自宅で簡単にムダ毛のケアができることで人気のパイナップル豆乳ローション。
こちらでは効果的な使い方と使用時の注意点についてまとめています。
是非参考にしてみてください。

 

パイナップル豆乳ローションとは
パイナップル豆乳ローションとは、ムダ毛の悩みに着目して開発されたスキンケア商品です。

ムダ毛対策に効果的な2種類のイソフラボン配合により、抑毛が期待できます。
たった一本で顔を含めた全身に使えるので、自宅で簡単にできるムダ毛のケアとしておすすめです。

 

パイナップル豆乳ローションの効果的な使い方
【STEP1】お風呂に入る
まずは、お風呂に入ってしっかりと肌の汚れを落とします。
肌の汚れはローションが内部への浸透を妨げる原因になるためです。

効果を得られやすくするために、肌を清潔な状態に整えましょう。
【STEP2】ムダ毛を処理する
カミソリや除毛クリームを使ってムダ毛をしっかりと処理します。
そうすることでローションが浸透しやすくなり、ムダ毛へのアプローチもしやすくなります。

【STEP3】適量のローションを手のひらに出す
入浴とムダ毛の処理が終えたら、適量のローションを手のひらに取り出します。
適量は部位によって異なり、両脇で100円玉大2つ分以上、両肘下・肘上それぞれ4つ分以上、両膝下6つ分以上になります。
たっぷりと使うことがおすすめです。

【STEP4】肌に馴染むように塗り込む
ローションを適量取り出したら、肌に馴染むように塗り込んでいきます。
2~3回重ね塗りするとより効果的です。
気になる箇所は特に多めに塗るようにします。

【STEP5】手のひらで軽く押さえて浸透させる
塗り込んだ箇所全体を手のひらで軽く押さえるようにして、ローションを浸透させます。
特に気になる箇所は、コットンに一度ローションを染み込ませてからパックをするのがおすすめです。

 

パイナップル豆乳ローション使用時の注意点3つ
【その1】最低3ヶ月以上継続して使用すること
パイナップル豆乳ローションは短期間ですぐに効果が現れるものではなく、効果を実感するためには最低3ヶ月以上継続して使用する必要があります。
ムダ毛は一定のサイクルで生え変わっており、全ての毛にアプローチするには毛の生え変わりを待つ必要があるからです。

毛の生え変わるサイクルに要する期間は部位によって異なり、3ヶ月~2年と大きな差があります。

期間が長い部位であればあるほど、効果の実感まで時間がかかります。

しっかりと効果を実感するためには、継続して繰り返し使用し続けることがポイントです。
【その2】2,3度塗りを目安にたっぷりと塗ること
効果を実感しやすくするためには、2,3度塗りを目安にたっぷりと塗ります。
量が足りていないと肌の奥まで浸透せず、ムダ毛へのアプローチができないためです。

パイナップル豆乳ローションは毛の根元まで浸透することで初めて抑毛を期待できます。
【その3】肌が清潔で柔らかいお風呂上がりにすぐ使用すること
肌が清潔な状態でかつ水分量が多く肌が柔らかくなっているお風呂上がりに使用することが大切です。
お風呂に入ってから時間をあけるのも極力避けましょう。
毛穴に汚れが詰まっていたり肌が乾燥していると肌の奥までローションが届かなくなってしまうためです。

大見出し4:パイナップル豆乳ローションがおすすめな人
・サロンやクリニックでの施術が恥ずかしい人
・脱毛にかけるお金をできるだけ抑えたい人
・自宅で手軽に抑毛対策を行いたい人
・敏感肌の人
・抑毛効果と合わせて美肌効果を手に入れたい人
・自己処理後のチクチクした毛が気になる人

 

バイナップル豆乳ローションを効果的に使うためには、以下の5つのステップの通りに使うようにしましょう。

①お風呂に入る
②ムダ毛を処理する
③適量のローションを手のひらに出す
④肌に馴染むように塗り込む
⑤手のひらで軽く押さえて浸透させる
この順番で使用することで、ローションを浸透しやすくし、効果を実感しやすくなります。
是非試してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ